TOP > リノベーションで物件をより魅力的に

リノベーションで物件をより魅力的に

リフォームという言葉はよく耳にしても、リノベーションとはどういうことなのかよく分からない、そんな方は多いかもしれません。

リフォームとは元の状態に戻すことを指します。

つまりリフォーム済みの物件とは、壊れたり古くなった場所を修理し、新築の状態に近づける修繕をした物件です。

剥がれた壁紙を貼り直し、畳を新しくするなどします。

世田谷区の中古マンションのリノベーションが最近こちらで話題になりました。

一方、リノベーションとは刷新と言う意味があります。


つまり、壊れたり古くなった場所だけでなく、壊れていない箇所も変えてしまうのです。

3LDKから2LDKへと間取りそのものを変えたり、和室を洋間に変えたり、ガスコンロからビルトインのIHコンロに変えるなど、大きな意味でまるで違う物件に変えてしまうことを言います。

よりニーズに合った物件へと生まれ変わるのです。
リノベーションをすると、物件はそれまでとは違う顔を持ち、魅力的になることができるのです。



築年数が経過していても、大胆な間取りの変更や設備の刷新で、是非ここに住みたいと入居者の方に喜んでいただける物件になります。



特に可もなく不可もなく、これといった大きな魅力がない、そんな物件をお持ちの方は、リフォームではなくリノベーションをしてみてはいかがでしょう。

その間取りで本当に良いのでしょうか。
リビングがもっと広ければ、と見学に来られた方に言われたことはないでしょうか。

台所が暗い、収納が狭いと言われたことはないでしょうか。


水廻りから収納まで、リノベーションはゼロから物件を生まれ変わらせることが出来ます。